PeX の評判と攻略法

様々なポイントをまとめて別のポイントや現金に交換できるポイント交換サイト。

「PeX」サイト
レート
10p = 1 円
必要交換数
現金 5,000p、Amazonギフト券 990p
振込手数料
現金 500p ~、Amazonギフト券 無料
有効期限
1 年間未ログインかつポイント最終交換日から 1 年間経過
交換商品
現金・Tポイント・マイレージ・クーポン・ギフト券・電子マネーなど多数
獲得方法
ポイント移行・広告利用・クリック・検索・ゲーム・クラウドソーシング

PeX の評判

  • 他社のポイントをまとめて交換
  • 楽天銀行への換金はリアルタイム処理
  • Amazon ギフト券など 1 : 1 より良い交換レート
  • 自身もポイントサイトとしての機能を実装

PeX は、他のポイントサイトやポイントサービスのある ECサイトのポイントを合算して交換できるポイント交換サイト。銀行での現金化はもちろん、クーポン券から電子マネーまで多くの交換先に対応しています。運営は株式会社 VOYAGE MARKETING。ポイントサイトの ECナビ、アンケートモニターサイトのリサーチパネルは姉妹サイトに当たります。

交換レート・手数料・処理期間は交換先によって様々です。例えば現金交換の場合、楽天銀行への交換はリアルタイムで完了しますが、ゆうちょ銀行や他のネットバンクは翌日 20 日、その他の銀行は完了までに数日を要します。また、その他の銀行への交換は手数料が 2,000p と割高になっているで注意が必要です。サイト上で一覧表があるのでよく確認して手続きをしましょう。

換金には手数料が必ず掛かりますが、無料で交換できるものもあります。使い勝手のあるところでは Amazonギフト券がそれです。僅か 990p から、しかも 100 円券に無料で交換できるため、元のポイントの価値を少しばかりお得にできます。iTunesギフトコードはさらに良レートで、こちらは 4,900p が 500 円分になる設定になっています。他にもオンライン宅配レンタルのチケットなど、変わった交換先もありますので探してみてください。

ポイントサイトとしての PeX

一応、PeX のみでポイントを貯めることも可能です。クリックポイント・検索・広告利用など普通のポイントサイトとしての機能も備えています。しかし、交換元ポイントサイトのほうが還元率が高いことがほとんどです。クリックや検索は多くのポイントを獲得できるほどのものではありませんし、あくまでもオマケ的な存在でしょう。換金時の手数料分の足しにするのには丁度良いと思いますが。

PointExchange は別サイト

なお、ポイント交換サービスサイトである PointExchange と PeX とは無関係です。ややこしいことに PointExchange は、PEx・PE・p-ex などと略されたりもするのですが、そちらはライフマイルや げん玉を運営しているリアルワールド系の交換サイトです。

関連リンク

同カテゴリの新着記事

新着エントリー

  1. 記事内画像のサムネイルi2iポイント「友達紹介王ランキングバトル」開催中! 総額70万円超で参加賞あり
  2. 記事内画像のサムネイル期間限定! i2iポイントの「ウォルマートカード セゾン」案件が 9,500 円にアップします
  3. 記事内画像のサムネイルポケコインの購入でキャッシュバック! 『ポケモンGO』はポイントサイト経由で課金できます
  4. 記事内画像のサムネイルZOZOTOWN 案件が復活! ポイントサイトを経由してセールアイテムをお得に購入
  5. 記事内画像のサムネイル「超カンタン!クリックするだけ」が終了!? スカイスキャナー (Skyscanner) の紹介
  6. 新着エントリーをもっと見る

注目エントリー

  1. 記事内画像のサムネイルMONOW のマウスオーバー時に暗転する演出を止める方法

Tumblr

  1. tumblr 投稿画像のサムネイル
  1. いろはにポイント!
  2. その他サイト
  3. PeX の評判と攻略法

定番ショップの還元ポイント数を比較してみよう

ポイントを二重取り三重取りできるといっても還元ポイント数は様々。高還元のポイントサイトを探しましょう。