スゴロクやビンゴをバックグラウンドでも動作させる設定方法

ポイントサイトに設置されているスゴロクやビンゴゲームの演出。

げん玉電鉄のポイント 2 倍演出

これがなかなか長い。しかも別段期待させるほどのものでもないため、ぼうっとただ眺めているのはとても無駄に思えます。できればこの時間を使って他サイトの巡回を済ませてしまいたいところ。

けれども、デフォルトの設定では、それらのゲームを別タブなどでバックグラウンドにしてしまうとフラッシュの処理がスローになってしまうのです。他の作業を終えて戻ってきたところで、ほとんど進んでいないのだとしたら意味がありません。

そこでこのエントリーでは、ゲームに使われているフラッシュコンテンツをバックグラウンドでも動作させる方法を紹介します。ポイントサイト利用者にとっては常識とすら言えることですので、是非とも覚えておきましょう。

目次
  1. 設定方法
    1. コードを書き加える
    2. mms.cfg の場所
    3. 編集できない時は
    4. 設定の反映
  2. Google Chrome の場合
    1. 設定手順
  3. バックグラウンドでの処理が遅くなる理由
  4. 検証環境

設定方法

期待する動作は、mms.cfg という設定ファイルにコードを一行書き加えるだけで実現できます。

コードを書き加える

エディタソフトなどで mms.cfg を開き、以下の一行を加えて保存してください。

FullFramerateWhenInvisible=1

ファイルには「SilentAutoUpdateEnable」「AutoUpdateDisable」などの文が既に書かれているかもしれません。それらは弄らず、ファイルの一番下にでも上記コードを追記します。

mms.cfg の場所

編集を行う mms.cfg は、Flash Player をインストールした時に作られる Macromed ディレクトリ配下に置かれています。使用している OS によって設置場所が異なる場合がありますので、以下のパスを参考に探してみてください。

64bit OS
C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash
32bit OS
C:\Windows\System32\Macromed\Flash

編集できない時は

コードを書き足した後に保存ができない場合があります。その時は管理者権限を見直しましょう。ファイルの書き込みができるように権限を設定するか、あるいは編集に使うエディタソフトを管理者として実行すると編集後の保存が可能になります。

管理者として実行

設定の反映

mms.cfg の編集後にブラウザを再起動する必要はありません。既に表示されているフラッシュコンテンツは、リロードを行うことで変更後の設定が適用されます。

Google Chrome の場合

上述の方法は、Google Chrome や Chromium ではうまくいかない場合があります。というのも、それらブラウザの標準設定では、Pepper API (PPAPI) という独自のプラグインを使用してフラッシュコンテンツを実行しているからです。

その時は、Flash Player が未導入であれば別途インストールを行った後、以下のように PPAPI を無効にしてください。こうすることで、先ほどの設定が適用されたプラグインが選択されるようになります (ただし、フラッシュコンテンツ自体は PPAPI で実行する方が軽快に動作をするかもしれません)。

設定手順

アドレスバーに「chrome://plugins/」と入力してプラグインの個別設定ページを表示します。簡易表示になっている場合は、右側にある「詳細」をクリックします。

Chrome のプラグイン設定

フラッシュのプラグインが 2 つとも有効状態になっています。タイプに PPAPI と書かれている方の「無効にする」をクリックします。

2 つとも有効状態になっている Adobe Flash Player 設定

背景が灰色に変われば設定完了です。

無効状態になった PPAPI

バックグラウンドでの処理が遅くなる理由

タブを非アクティブにするとゲームがほとんど止まってしまう理由は、Flash Player 10.1 からの仕様によるものです。

CPU 使用率とバッテリー使用率を最適化するため、Flash Player 10.1 には非アクティブなインスタンスに関する新機能が導入されています。この機能を使用すると、コンテンツが画面に表示されたり表示されなくなったときに SWF ファイルを一時停止および再開することで、CPU 使用率を制限できます。(略)

ブラウザーのタブが開かれ、SWF コンテンツがバックグラウンドに移動した場合。

hasPriority HTML タグの値に関わらず、SWF コンテンツの速度が 2 ~ 8 fps に下げられます(つまり、「スロットル」されます)。SWF コンテンツが再度表示されるまで、オーディオとビデオの再生は停止し、コンテンツのレンダリングは処理されません。

検証環境

  • Windows 8 64bit
  • Adobe Flash Player 15.0.0.189
  • 基本的なこと
    • [facebook]
    • [ツイート]
    • [g+]
    • [はてブ]
    • [pocket]
  • 2014-10-28
  • http://iroha2p.net/entry/flash-game-setting-browser-background

同カテゴリの新着記事

新着エントリー

  1. 記事内画像のサムネイルi2iポイント「友達紹介王ランキングバトル」開催中! 総額70万円超で参加賞あり
  2. 記事内画像のサムネイル期間限定! i2iポイントの「ウォルマートカード セゾン」案件が 9,500 円にアップします
  3. 記事内画像のサムネイルポケコインの購入でキャッシュバック! 『ポケモンGO』はポイントサイト経由で課金できます
  4. 記事内画像のサムネイルZOZOTOWN 案件が復活! ポイントサイトを経由してセールアイテムをお得に購入
  5. 記事内画像のサムネイル「超カンタン!クリックするだけ」が終了!? スカイスキャナー (Skyscanner) の紹介
  6. 新着エントリーをもっと見る

注目エントリー

  1. 記事内画像のサムネイルMONOW のマウスオーバー時に暗転する演出を止める方法

Tumblr

  1. tumblr 投稿画像のサムネイル
  1. いろはにポイント!
  2. 基本的なこと
  3. スゴロクやビンゴをバックグラウンドでも動作させる設定方法

定番ショップの還元ポイント数を比較してみよう

ポイントを二重取り三重取りできるといっても還元ポイント数は様々。高還元のポイントサイトを探しましょう。